755.思春期の大切な子どもたち

今ハッピーファミリーグループ小学6年生のダンスメンバーの
保護者のみな様に事務連絡事項お手紙として書いたつもりでしたが
いろいろ思うままに書いてしまい
中学生クラスの保護者の皆さまにも読んでいただければとアップしました。...


(ご挨拶略)皆様お変わりございませんでしょうか?
この度は中学ご入学、誠におめでとうございます。
きっと感無量の卒業式をお迎えになられることと思います。
これまでの子供さんの成長を熱く、懐かしく、暖かく思い出し、
また次へ向かって大きな成長を応援してあげてください。
保護者として、時に友達のように。

シニアクラスに進級しますと保護者の皆様とのお会いする機会も、
お話しする機会もなかなかなくなり、とても寂しく思っております。
是非いつでもお声をかけてください。
Facebook、Blogでつながっていると私はとても嬉しいです。
より信頼関係を気付けていくような気がしています。
(このところ講演が続き、また3月に大きな講演を控え合間に猛勉強
そしてダンス8曲の振付も佳境に入り、
なかなかアップできないのですが。)

さて、(事務連絡中略)
土曜クラスに在籍していた子どもさんは4月29日(祝)に
JR大阪駅「時空の広場」でのユネスコ世界ダンスフェス出演の練習、
また木、金のメンバーも6月11日ハッピーファミリーグループVol.11の
舞台発表会に向け4月以降も土曜のシニアのレッスン以外のジュニアレッスンが数回あります。
連絡もれのないようにみんなでお互い声をかけあって
確認し合うように伝えています。
イベントについての詳細はいまだ未定です。決定次第ご連絡致します。

「中学生活」という子どもたちにとっては
初めての不安がいっぱい。
でも夢もい~っぱい抱き、胸膨らませているはずです。
きっと緊張の日々がしばらく続くことでしょう。
私たちが更年期に身体の機能が脳と身体とのアンバランスから
自律神経系、ホルモン系で大きく変化するように子どもたちは思秋期で同じことが起きてきます。
新しい生活環境の中での緊張と不安から心身不安定にもなりがちです。
と同時に大人への第一歩に向け自己主張と、自意識が強くなる時期です。
子どもたちのいいところをしっかり認め、声をかけ自信を失わないように、
「自信を持てる」「失敗を気にせず何度も挑戦する」
「相手の気持ちを分かってあげる」「人としての道徳(マナー)」を
導いてあげていきたいですね。

そして子どもたちの話を、気持ちを聞いてあげてください。
人は老若男女を問わず、誰もが
「わかってほしい」という普遍的本能を持っています。
それは「感情」と「考え」です。
「わかってあげる」姿勢は必ず見せてあげて、
そのうえで間違いはしっかり教える必要があると思います。

何だか思うままに長い文章になってしまいました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

                                                  2016.3

      ハッピーファミリーグループ 代表   池端裕子
プロフィール

happy Hiro

Author:happy Hiro
毎日を元気に、素敵に!そして池端裕子のほっとティータイムでほっこりと心を癒していただければ、ちょっと元気を出していただければ、そして微笑んで・・・そんな時間をお過ごし頂ければ幸いです。

〈プロフィール〉NPO法人日本健康運動指導士会理事・栄養士・中央労働災害防止協会ヘルスケアートレーナー・食育指導士・中央労働災害防止協会心理相談員・中学校教諭2級普通免許・内閣府認証キッズメンタルプロ2級・吹田市ジャズダンス協会副会長、摂津市ジャズダンス連盟会員

「池端 裕子のハッピーファミリーグループ」「ハッピーファミリーグループ 池端 裕子」のHPもどうぞご覧ください。(このページ、リンクよりアクセスできます。)
よろしくお願い致します。



お問い合わせは
ikebata@happyhiro.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR