417.コミュニケーションツール

私は子どもたちのレッスンの中で
自分の伝えるべき用件、思いを相手に伝える大切さを常日頃話しています。

それは直接話すことだったり、お手紙であったり、モバイルだったり

練習を休む時も幼稚園の年長さんにも
来週、あるいはいついつ休むことが分かっていれば
お手紙に書く習慣をつけて欲しいと思っています。
スケジュール管理能力も身につけて欲しいからです。

小学生では徹底してきました。
一緒にダンスへの思い、お友達とのこと、いろんなことも書いてくれます。
昨日も小学5年生が立派なお手紙書いてくれたので
「上手に書けてるね。すごいね!」って褒めると嬉しそうに笑っていました。
挨拶、用件、思いをちゃんと順序よくわかりやすく書いていたからです。

中学生の子どもたちも
クラブ、塾で遅刻、早退をしながら
みんな上手に本当に頑張って時間管理をしています。
(ダンスが好きだからどんなに泥まみれになっても
どんなに疲れても走ってダンスにくるんだろうなあ~!)

遅れる連絡をいつもお友達を通じて伝える子どもに
「友達についでがあれば先生も遅れること休むことをちゃんと伝えてくれたらそれでいいよ。
でもいつもそれでは先生とのコミュニケーション取れないし
先生も直接○○ちゃんと話出来たら嬉しいし。」
先週4人の子どもにレッスン後話をしました。
そして昨日、4人の子どもがみんな
直接私にメールをくれました。
やった~!すごく嬉しかったです。
やはり友達にメールを打つより、先生に送るのは
いろいろ文章も考えないといけないし、敬語だってそう。
でもコミュニケーション、相手に自分の思いを伝えることもすべて練習です。
みんなの前で話(発表)することもすべて練習なんですね。

この子達がどこかでいつか困らないように
喜んでもらえるように、役に立つように・・・
もっともっとコミュニケーションの時間をはかりたいと思います。


プロフィール

happy Hiro

Author:happy Hiro
毎日を元気に、素敵に!そして池端裕子のほっとティータイムでほっこりと心を癒していただければ、ちょっと元気を出していただければ、そして微笑んで・・・そんな時間をお過ごし頂ければ幸いです。

〈プロフィール〉NPO法人日本健康運動指導士会理事・栄養士・中央労働災害防止協会ヘルスケアートレーナー・食育指導士・中央労働災害防止協会心理相談員・中学校教諭2級普通免許・内閣府認証キッズメンタルプロ2級・吹田市ジャズダンス協会副会長、摂津市ジャズダンス連盟会員

「池端 裕子のハッピーファミリーグループ」「ハッピーファミリーグループ 池端 裕子」のHPもどうぞご覧ください。(このページ、リンクよりアクセスできます。)
よろしくお願い致します。



お問い合わせは
ikebata@happyhiro.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR