33.無財(罪)の七施 No.2

私は18歳で故郷鹿児島を離れ、
東京渋谷の近く、三軒茶屋にある昭和女子大学短期大学部を卒業し、
霞ヶ関虎ノ門の富士銀行(現みずほ銀行)に就職しました。
昭和女子大学は「女性の品格」で一躍有名になった
坂東 眞理子さんが学長。
また国内外のオーケストラ、オペラ、ジャズをはじめ
日本伝統芸能など文化・芸術を発信する人見記念講堂でも
大変有名な大学で知られています。
それはそれは礼節、躾の厳しい女子大で寮生活を過ごしました。
今の基盤も随分ここで鍛えられたと感謝しています。

さて私は銀行時代、窓口にいましたが
いろいろな事情がありなかなか会えなかった祖母と
数年ぶりにあったとき「あなたはいつも笑っていなさい!」
そう言ってくれた祖母の言葉が強く印象に残っています。
36年も前のことですが。

無財(罪)の七施の2つ目「和顔施」笑顔です。
「悲しい顔」「怒った顔」「無表情」「怖い顔」「厳しい顔」・・・
「優しい顔」「癒される顔」「安心する顔」「面白い顔」「和ませる顔」・・・
つまりその人の目鼻立ちといった造形ではなく表情だと思います。

ダンスレッスンの中でも、(健康体力づくりクラスの最後の挨拶もそうですが)
舞台に立つこと、イベントなど人に見ていただくことが一つの大きな目標であれば
表情は表現の方法の中でもスキルと同じくらいといっていいほど大切なものです。
「笑う」ことがもともと自然に表情にできる人、子どももいます。
でも難しくて難しくて「笑わなくちゃ!」と思っていても
なかなかできない人、子どもたちもたくさんいます。
鏡の前で大きな口を開け「あ・い・う・え・お」
笑顔、悲しい顔、怒った顔、自分で一番素敵な顔。好きな顔・・・
を意識して作ってみて
「い・き・し・ち・に・ひ・み・い・り・い」
の表情の練習。その大切さも練習に取り入れます。
やっぱり何事も練習して、できなかったことをできるように何度もやってみる
ですね!!

表情、特に笑顔、素敵な表情は人生を好転させる
笑顔でいるとたくさんの得がよってくる
いつも難しい、暗い顔では得は、幸せは逃げていっちゃいます。
そう思って伝えています。

心からの素敵な表情が生まれますように
さあ!自分を磨かなくっちゃ。ニコッ!
プロフィール

happy Hiro

Author:happy Hiro
毎日を元気に、素敵に!そして池端裕子のほっとティータイムでほっこりと心を癒していただければ、ちょっと元気を出していただければ、そして微笑んで・・・そんな時間をお過ごし頂ければ幸いです。

〈プロフィール〉NPO法人日本健康運動指導士会理事・栄養士・中央労働災害防止協会ヘルスケアートレーナー・食育指導士・中央労働災害防止協会心理相談員・中学校教諭2級普通免許・内閣府認証キッズメンタルプロ2級・吹田市ジャズダンス協会副会長、摂津市ジャズダンス連盟会員

「池端 裕子のハッピーファミリーグループ」「ハッピーファミリーグループ 池端 裕子」のHPもどうぞご覧ください。(このページ、リンクよりアクセスできます。)
よろしくお願い致します。



お問い合わせは
ikebata@happyhiro.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR