216.鈍感力Ⅱ

朝から秋の爽やかな心地いい日曜日
いかがお過ごしでしたか?
気持ちよく身体を動かしていますか?
身体が喜ぶ、元気のでる、疲れのとれるエクササイズを
心がけてください。

お昼前後に安威川公民館祭りに出かけ
文化、芸術に触れてきました。
素晴らしい作品の数々に驚きました。
趣味があるって、特技があるって、仲間がいるって素晴らしいですね。

公民館で頂いたじっくり煮込んだ、味の沁みたおでん
たっぷり和からしつけて。
ちょうどいい甘さのおぜんざい・・・
あ~~、美味しかった~~!ご馳走様でした。

さて211.「鈍感力」のブログを見てくださった方が
本を貸してくださいました。
今日は11月の講演の資料作りが4時間かかり、
読まなければいけない専門書もたまっていて
なかなかサッと読めませんが
渡辺淳一さんの言う「鈍感力」とはやっぱり

長い人生の途中、苦しいことや辛いこと
更には失敗することなどいろいろある。
そういう気が落ち込むときにそのまま崩れず、
また立ち上がって前へ向かって明るく進んでいく
そういうしたたかな力を鈍感力と言っている
と記しています。

そして、おおらかなお母様に育ててもらった子供
悪いことをしたときはきちんと叱り、厳しく注意して
そして褒められながら育つ子が
鈍感力が育つと

心配しすぎる親のもとでは子どもも心配ばかりします
大丈夫、大丈夫と心強い言葉をかけてあげれば
子どもは案外自信をもって立ち向かうのです。
たくさんの親子に日々触れる中
私もいつも感じています。

心が優しすぎて、弱くて、コントロールできなくて
心の病にかかり、辛い思いをしている本人
そんな子供さんをかかえ
辛い思いをしていらっしゃる親御さん
身近にもたくさんいらっしゃいます。
何とか力になりたい
何とかしてあげたい
でも病にかかってからではやはり専門の治療でなければ
難しいところがいっぱいあって
どうしてあげることもできません

だから、だから
小さい時から、子供の時から
たくましい、したたかな心
「前向き思考のくせ」をつけることが
とても大切なんです。
自分自身に自信を持つために
自分を愛するために
小さなことを見つけ、い~ぱい褒めてあげてください。
頑張ったことを認め、褒めてあげてください。

少しぐらい踏まれても伸びていく花々
コンクリート、石の隙間から懸命に伸びていく雑草
綺麗に伸びてもすぐに折れてしまう花は
可憐過ぎませんか?

これからも子どもたちのことを
一生懸命考えていきたいと思います。
プロフィール

happy Hiro

Author:happy Hiro
毎日を元気に、素敵に!そして池端裕子のほっとティータイムでほっこりと心を癒していただければ、ちょっと元気を出していただければ、そして微笑んで・・・そんな時間をお過ごし頂ければ幸いです。

〈プロフィール〉NPO法人日本健康運動指導士会理事・栄養士・中央労働災害防止協会ヘルスケアートレーナー・食育指導士・中央労働災害防止協会心理相談員・中学校教諭2級普通免許・内閣府認証キッズメンタルプロ2級・吹田市ジャズダンス協会副会長、摂津市ジャズダンス連盟会員

「池端 裕子のハッピーファミリーグループ」「ハッピーファミリーグループ 池端 裕子」のHPもどうぞご覧ください。(このページ、リンクよりアクセスできます。)
よろしくお願い致します。



お問い合わせは
ikebata@happyhiro.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR