203.大切なこと

ここ数日残暑が厳しいですね。
今日も早朝からあまりの暑さに耐えられず
クーラーを入れて仕事部屋にこもっています。

出来事その1.

発表会に向け、私の出演するダンスも少し踊れるようになり
(ただし、もう1曲はまだボロボロですけど)
木曜、金曜子どもダンスクラスで
子どもたちの前で踊り、私のダンスを見てもらいました。
みんなが目を皿のように丸くして
本当に真剣に食い入るように見てくれます。
踊り終わって私が床に倒れこむ様子まで・・・

「もっと手を伸ばして・・・」
「体全体を使ってもっと大きく・・・」
「笑顔、笑顔!・・・」
こんな檄がレッスン場で飛び交っています。

でも何よりも私のダンスを見た後の子どもたちのダンスは
なんていきいきと、元気よく、気持ちまで飛んでいるんでしょう。
10の言葉を並べるより
一生懸命大きく、体中で全身で踊る姿を目の前で見てもらうことのほうが
何倍もの説得力があったようで
本当に嬉しい出来事でした。

出来事その2.

小学生のダンスレッスン中、建物部屋の壁を壊してしまいました。
側転の練習中の出来事です。
その子はすぐに
「先生、すいませんでした。」
その事実を謝りにきました。
私と二人で、お借りしているレッスン場の館長さんに
事情を話し、真摯な姿勢で謝りました。

その子がわざとしたことではないので
私たちの誠意は館長さんに伝わりました。
そしてその子はその出来事を家に帰り
きっとへこんで帰ったと思いますが
お母さんに話し、私のところにも
お母様からお電話がありました。

人は誰でも失敗や、間違いがあるんだよ
でもちゃんとお母さんに話をしたこと
ちゃんと謝って、反省していること
それがいつも先生の話している
「後が大事」ということだよね。
偉かったよ。

と話をしました。

誰でも人は
特に子供は褒められたことは話したいけど
叱られたことなど隠したいものです。
私たち親が、子供の言動を聞いてあげる姿勢
受け止めてあげる姿勢をいつも見せてあげてください。
一緒に物事を考え、対処する方法
発展して、人との関わりを考える機会にしてほしいと思っています。

叱っていてはますます話してくれなくなりますよね。

それからもうひとつ

保護者の方へのプリントに
頑張ったこと、出来たこと…いっぱい褒めてあげてください。
よくそんなことを書いています。
とても大切だと思うからです。
でも子どもたちに聞くと
「何にも言ってくれんかった」
「なんも言わんかったで~!」
よく耳にします。
もう一度
頑張ったこと、頑張っていること、出来たことをいっぱい褒めてあげてください。
お母さんから見て頑張っていると思えなくても
小さな頑張りを見つけて、
いっぱい認めてあげてください。

プロフィール

happy Hiro

Author:happy Hiro
毎日を元気に、素敵に!そして池端裕子のほっとティータイムでほっこりと心を癒していただければ、ちょっと元気を出していただければ、そして微笑んで・・・そんな時間をお過ごし頂ければ幸いです。

〈プロフィール〉NPO法人日本健康運動指導士会理事・栄養士・中央労働災害防止協会ヘルスケアートレーナー・食育指導士・中央労働災害防止協会心理相談員・中学校教諭2級普通免許・内閣府認証キッズメンタルプロ2級・吹田市ジャズダンス協会副会長、摂津市ジャズダンス連盟会員

「池端 裕子のハッピーファミリーグループ」「ハッピーファミリーグループ 池端 裕子」のHPもどうぞご覧ください。(このページ、リンクよりアクセスできます。)
よろしくお願い致します。



お問い合わせは
ikebata@happyhiro.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR