128.府民健康公開講座

以前新聞で「心も体も健康に いつまでも元気でいきいきと」
の公開講座の記事を見ました。
私にとって日曜日は雑務の処理、次週の仕事準備、もちろん家事に
とても貴重な一日です。

でも、私が講演する際の何か参考にできれば。
いつもの教室でできるだけたくさんの情報をお話ししたい
そんな思いで、今日出かけました。

主催が大阪府鍼灸マッサージ師会だったからです。

1時から4時
会場には時間前に入ったのに、既に始まっていました。
大きなスクリーンに手術の、一般人にすれば生々しい映像
「第5回TVM研究会」
「骨盤臓器脱の画像解析を中心に」の演題・・・

骨盤臓器脱や変形性股関節症、尿失禁、子宮脱等の
TVM手術の実際の映像。術後の合併症など全国の泌尿器科医、婦人科医の症例発表。
意見、質問の研究会でした。
もちろん大変興味深い内容で、生徒さんの中でも耳にする病気、実際にTVM手術をされた方、
症状を聞きますから。
とても勉強、参考になりホント行って良かった。

 ※TVM手術:骨盤臓器脱(性器脱)など,弱くなった支持組織をメッシュを挿入し置き換える術式


1時間半が過ぎ・・・ウム!なんか違うぞ~!
入口で受け取った資料は
「いきいき すこやか」「子どもに学ぶ人間学」…これもすごく聞きたいのに
「身近に受けられる鍼灸マッサージ」のタイトル3講座

研究会の抄録集ももらってないしな~

一度会場を出て受付で確認すると
やっぱり本来の受けようと思っていた会場と違うところ・・・

急いで別の部屋へ。「子どもに学ぶ人間学」の途中から最後まで聴講し
いろいろ意義ある3時間でした。


(資料より)
1.子どもに教えられたもの
  ~「ない物さがし」をやめ「あるもの満足」の生き方を

  文句を言うのは大人だけで、子供は十分あるものに満足しているというお話し

2.子どもの笑顔は真の笑顔
  ~「愛想笑い」がない子どもの笑い

3.子どもに学んだ「あるがままを認める」ということ
  ~「認める」とは文句を言わないこと

 子どもがやったことに対し、「オーム返し」
 まずは子どもが言った言葉を繰り返して認めてあげて
 もし悪いことならその行為そのものを注意する

4.「認める」とは「諦める」こと「受け入れること」 
  ~それができた人には笑顔が増える

来週の日曜日も肥後橋YMCAで一日講習会、頑張ってきます。
 

プロフィール

happy Hiro

Author:happy Hiro
毎日を元気に、素敵に!そして池端裕子のほっとティータイムでほっこりと心を癒していただければ、ちょっと元気を出していただければ、そして微笑んで・・・そんな時間をお過ごし頂ければ幸いです。

〈プロフィール〉NPO法人日本健康運動指導士会理事・栄養士・中央労働災害防止協会ヘルスケアートレーナー・食育指導士・中央労働災害防止協会心理相談員・中学校教諭2級普通免許・内閣府認証キッズメンタルプロ2級・吹田市ジャズダンス協会副会長、摂津市ジャズダンス連盟会員

「池端 裕子のハッピーファミリーグループ」「ハッピーファミリーグループ 池端 裕子」のHPもどうぞご覧ください。(このページ、リンクよりアクセスできます。)
よろしくお願い致します。



お問い合わせは
ikebata@happyhiro.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR