94.子ども時代

昨日の朝、TVにテニスプレーの松岡修造さんが
子どものテニス教室、テニス塾での指導や、子供たちへの夢を話していました。
同じく、私の毎月愛読している健康誌に北京五輪男子4×100mリレー
銅メダリスト朝原宣治さんが
子どものスポーツ教室での子どもたちへの思いを書いています。
どちらの内容も、私も子どもたちと接している中で
強く共感することばかりです。

子どもたちへ、心を込めて、愛を込めて・・・
「自分で考える力」
人の指示通りに動くのではなく、自分で考え
判断し、行動する習慣が大切です。つい本人の自主性を尊重せず
大人の判断を押しつけていないでしょうか。
子どもが動く前に、口出ししていないでしょうか。
自分で考え、取り組む力は自主性を育て、人間的な幅を広げます。

「努力する気持ち」
最初から、やらない前から「できない」
と決めるのは、粘り強さを育てることはできません。
やってみて、その中で、どうやったらできるようになるのか
何度も何度も頑張って、それでもできなければ、無理なら
できないことの決断も、初めて経験します。

「他人のことも考える、思いやる気持ち」
形はどうであれ生涯、集団生活で生きていきます。
学校であれ、仕事であれ、家族も・・・
自分を大切にしながらも、他人に迷惑をかけない
我慢する心が大切な時がいっぱい出てきます。
我慢する気持ちは「甘え」からは育ちません。
子どもを理解してあげること
優しくすること
甘えさせること
甘やかすこと
の違いをしっかり区別することはとても大切ではないではないでしょうか。
プロフィール

happy Hiro

Author:happy Hiro
毎日を元気に、素敵に!そして池端裕子のほっとティータイムでほっこりと心を癒していただければ、ちょっと元気を出していただければ、そして微笑んで・・・そんな時間をお過ごし頂ければ幸いです。

〈プロフィール〉NPO法人日本健康運動指導士会理事・栄養士・中央労働災害防止協会ヘルスケアートレーナー・食育指導士・中央労働災害防止協会心理相談員・中学校教諭2級普通免許・内閣府認証キッズメンタルプロ2級・吹田市ジャズダンス協会副会長、摂津市ジャズダンス連盟会員

「池端 裕子のハッピーファミリーグループ」「ハッピーファミリーグループ 池端 裕子」のHPもどうぞご覧ください。(このページ、リンクよりアクセスできます。)
よろしくお願い致します。



お問い合わせは
ikebata@happyhiro.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR