FC2ブログ

84.お酒

独立行政法人国立病院機構、久里浜アルコール症センター
の調べによると、
男性の飲酒率はここ30年ぐらい頭打ちだそうですが
女性の飲酒率は昭和29年から50年後の平成15年では
約5倍に増えているそうです。
これは若年者の飲酒が増え、20~24歳では男性より女性が上回ったそうです。

さて、男性より女性のほうが酔いやすいと思いませんか?
それは女性のほうが、肝臓や筋肉が小さいため
アルコール分解が遅いから。
また同じ体重でも、女性が男性より脂肪組織が多く、
水分が少ないことがあります。
アルコールは水分にはすぐに溶けますが、脂肪組織には溶けづらいため
女性の血中濃度はより高くなるからだそうです。

また肝臓障害も少ない飲酒量で女性のほうが受けやすく
少ない飲酒量でアルコール血中濃度が高くなる傾向
そして、ホルモンの影響もあるそうです。
腸内に存在する細菌は、エンドトキシンという毒素を作り
肝臓障害の原因になり、
飲酒や女性ホルモンは、この毒素の腸からの吸収を速め
肝臓障害を助長するとのこと。

お酒は美味しく、飲みたいですね。
私も月に2回くらい飲みます。
家では全然飲まないんですよ。
日本酒と、ワインが大好き!
本当にゆ~っくりと、しっとりと、味わいながらのお酒が好きかな!
もちろんワイワイにぎやかに、楽しく飲むお酒も好きです。

厚労省の「健康日本21」では適度な飲酒量を
「健康な中年男性で一日20g程度」とし
20gは純アルコール量で、
だいたいビール中ビンまたはロング缶1本
日本酒1合弱、25度の焼酎100ml、ワイングラス2杯
「女性はこれより少なく」としています。

肝臓は「沈黙の臓器」
健康診断が大切です。
長くお付き合いするために、大切にしてあげなくちゃ。

美味しい、楽しいお酒をいただきましょう。

今日は今週木曜日にある、いきいき元気体操クラブ発表のリハーサルでした。
みんな、私以上に一生懸命最後の練習に
気合が入り、何よりも楽しそうに動いてくれたことが
嬉しくて、嬉しくて。
きっと、5歳、いえ10歳は若返ったかな!
本番はもっともっと楽しんでくださいね。

プロフィール

happy Hiro

Author:happy Hiro
毎日を元気に、素敵に!そして池端裕子のほっとティータイムでほっこりと心を癒していただければ、ちょっと元気を出していただければ、そして微笑んで・・・そんな時間をお過ごし頂ければ幸いです。

〈プロフィール〉健康運動指導士・栄養士・中央労働災害防止協会ヘルスケアートレーナー・食育指導士・中央労働災害防止協会心理相談員・中学校教諭2級普通免許・内閣府認証キッズメンタルプロ2級、ユネスコ国際ダンス協議会CIDメンバーシップ、吹田市ジャズダンス協会副会長、摂津市ジャズダンス連盟理事

「池端 裕子のハッピーファミリーグループ」「ハッピーファミリーグループ 池端 裕子」のHPもどうぞご覧ください。(このページ、リンクよりアクセスできます。)
よろしくお願い致します。



お問い合わせは
ikebata@happyhiro.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR