886.年末年始

いつも
私のBlog「池端裕子のほっとティータイム」
を開いていただき、本当にありがとうございます。

年末から年始は
韓国釜山に住む長男ファミリー
東京に住む次男ファミリーと一緒に過ごしました。

2日目、12月26日長男と2人でデート
釜山・甘川文化村 ガムチョンで
ガムンチョ ガム著

街は歴史の話のあるところですが
街中をどんどんアートにし観光客相手に
3日目
すごく気に入った私好みのスポット「 F1963」
F1963.jpg F1963 1

ワイヤー工場から文化ファクトリーに。複合文化空間F1963
機械中心のワイヤー工場から文化ファクトリーが誕生です。
F1963は、特殊線材のグローバル企業KISWIREが作り出す複合文化空間。
1963は、高麗製鋼が釜山市水営区望美洞(スヨン区マンミ洞)に初めて工場を構えた年で、
F1963の‘F’は、ファクトリーを意味します。1963年から2008年まで45年間、
ワイヤーロープを製造した工場は2016年9月、釜山ビエンナーレ展示場に
活用されたことをきっかけに、GREENとARTが共存し、
人と文化が中心となる複合文化空間に生まれ変わりました。
F1963は自然と芸術が共存し、文化芸術の全ジャンルが融合して、
365日活気あふれる文化ファクトリーに変貌し、
釜山の全地域に文化的な活力を与えるものです。
(インターネットより)

私の仕事の一つダンスの振付、構成、演出は
楽しみと共に産みの苦しみ
産みだすために、絵画、建築、オブジェ・・・
様々なアートから幻想を描いていく。
どちらもとても刺激的な素敵なスポットでした。
29日は早朝から
SRT(日本の新幹線)でソウルへ
2時間半、6000円弱
大阪東京間2時間半14000円とは随分安い運賃
DDCトピョンチャンソウル
トンデモン

ソウルは街のところどころに2月から始まる冬季ピョンチャンオリンピックの色でした。
*DDP(「トンデムデザインプラザ」の略)には圧巻、
絶対夜に行くのがおすすめです。

独特のデザイン空間は東大門を象徴するランドマーク
東大門(トンデムン)運動場跡地に2014年3月に誕生した
ソウルの新ランドマーク「東大門デザインプラザ」。
3次元の立体設計技法を駆使して設計された非線形的な建築デザインが特徴で、
ライトアップされる夜には近未来的な様相に一層磨きがかかります。
建物の設計はイラク出身の建築家ザハ・ハディッド氏が担当。
延面積85,320平方メートルに及ぶ広大な敷地は、大型催物場「アートホール」、
韓国デザイン・トレンド発信地「ミュージアム」、デザインビジネス拠点「デザインラボ」
、食事・買い物エリア「デザインマーケット」からなります。
(インターネットより)
眠らない街東大門

女3人ショッピング、男二人子守
もう夜の12時。帰りにお嫁さん二人が屋台で串焼き焼肉買って
ホテルで一杯。

*ロッテワールドタワー
この31階にあるフードコートでランチを
雲の上に展望台やホテル!123階建て超高層ビル
ソウル市の東南部・蚕室(チャムシル)にそびえ立つ
高さ555メートル、123階建ての超高層タワーが「ロッテワールドタワー」です。
2017年時点で世界第5位、アジア第3位の高さを誇ります。
耐震・耐風設計が施されており、2011年から2016年にかけて6年間、
万全を期して建設されました。第2ロッテワールドこと
「ロッテワールドモール」の「AVENUEL(アヴェニュエル)」館の真上にあり、
2017年にグランドオープン。117~123階に展望台「ソウルスカイ」やスカイカフェがあり
新たな観光スポットとして大注目。ロッテグループのランドマークとしてだけではなく
ソウル市を代表する新ランドマークとしても好評です。(インターネットより)

参鶏湯(サムゲタン)が有名なお店は長蛇の列が絶えない
折角だからと並んだけど私はもう一つ・・・

*釜山マリンシティのサンセット
1クァンアリ
※お嫁さんがロシアに出張で行ったときに買って来てくれた
「クマエビ」
なかなか日本にもなくて、私も始めて口にしました。
エビ


プロフィール

happy Hiro

Author:happy Hiro
毎日を元気に、素敵に!そして池端裕子のほっとティータイムでほっこりと心を癒していただければ、ちょっと元気を出していただければ、そして微笑んで・・・そんな時間をお過ごし頂ければ幸いです。

〈プロフィール〉NPO法人日本健康運動指導士会理事・栄養士・中央労働災害防止協会ヘルスケアートレーナー・食育指導士・中央労働災害防止協会心理相談員・中学校教諭2級普通免許・内閣府認証キッズメンタルプロ2級、ユネスコ国際ダンス協議会CIDメンバーシップ、吹田市ジャズダンス協会副会長、摂津市ジャズダンス連盟会員

「池端 裕子のハッピーファミリーグループ」「ハッピーファミリーグループ 池端 裕子」のHPもどうぞご覧ください。(このページ、リンクよりアクセスできます。)
よろしくお願い致します。



お問い合わせは
ikebata@happyhiro.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR