65.目の疲れ

近頃目の疲れをひどく感じ
「目の若さを保つ」という記事に目が止まりました。
慶應義塾大学医学部眼科アンチエイジン医学の第一人者
坪田一男教授の読売新聞の記事からです。

提唱する生活習慣のポイントは
「運動」「カロリー制限」「ごきげん」だそうです。

運動は成長ホルモンの分泌を促す。目に対する効果も
日常的にランニングをする人は
白内障や加齢黄斑変性にかかりにくいとの報告がある。
ストレッチ、ジョギングなどの有酸素運動、筋力トレーニング
バランス運動(片足立ちなど)の4種を習慣化したい。

私がいつもお伝えしている、もちろんレッスンの中でも
毎回実施しているプログラムと同じですが(有酸素性運動はソフトエアロビクス)
目にも良かったんですね。

「ごきげん」はストレスをためず
リラックスして、笑顔で過ごすこと。と

人間(友達)関係がうまくいかず、レッスン中に笑顔の出ない子がいます。
何度か話をし、話を聞いてきましたが
何とか早く以前の笑顔の彼女に戻って欲しい!
どうすれば・・・何が正しいのか・・・私にも答えはわかりませんが
何とか力になり、時に静かに見守り、彼女ができれば自分の力で
立ち直ることを願わずにいられません。




プロフィール

happy Hiro

Author:happy Hiro
毎日を元気に、素敵に!そして池端裕子のほっとティータイムでほっこりと心を癒していただければ、ちょっと元気を出していただければ、そして微笑んで・・・そんな時間をお過ごし頂ければ幸いです。

〈プロフィール〉NPO法人日本健康運動指導士会理事・栄養士・中央労働災害防止協会ヘルスケアートレーナー・食育指導士・中央労働災害防止協会心理相談員・中学校教諭2級普通免許・内閣府認証キッズメンタルプロ2級・吹田市ジャズダンス協会副会長、摂津市ジャズダンス連盟会員

「池端 裕子のハッピーファミリーグループ」「ハッピーファミリーグループ 池端 裕子」のHPもどうぞご覧ください。(このページ、リンクよりアクセスできます。)
よろしくお願い致します。



お問い合わせは
ikebata@happyhiro.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR