FC2ブログ

1001.子どもたちへの思い

IMG_6604.jpg

悲しい時、腹が立った時、つらい時・・・
思いを文字にすることで自分の気持ち(こころ)を整理して
心が少し穏やかになれるよ。「言語化」「文章化」

自分の言いたいことを文字にする、手紙を書く、メールする
最初から得意な人も、不得意な人もいるけど
書くことを練習することで、考える力もついて、
少しずつうまく書けるようになるよ。

「フィードバック」の言葉の意味も小さいクラスでも
理解してもらうように常に語りかけ
先週のレッスンでもみんなに伝えました。

ジャズダンスクラスの子どもたちと
いつもコミュニケーションをとり、
子どもたちが考えていること、思っていること、感じたことを知ることはとても大切で、嬉しくていつもその努力を心がけています。
そして保護者の方々とコミュニケーションをとりたいことも
機会あるごとにその気持ちをお伝えしています。

先週終わった大きな舞台。
高校生以上のクラスは今は全員がLINEでの感想ですが
4歳児のまだ「字」は習っていない子どもたちも
みんながお手紙に思いを書いて渡してくれます。
ハッピーグループではもう習慣化されました。

IMG_6581.jpg

2枚目の写真は摂津市の11月号広報誌
「学力向上のための取り組み 全国学力調査結果」
の掲載内容の私が一番目に止まった記事です。

そして昨日の講習会で出てきた
医療の中での「行動医学」少し専門的で恐縮ですが
子どもたちの能力を引き出すのと同じです。

もしダイエットしたい方が体(健康)のためにいいと分かっているけどなかなかできない
その介入を心理面からサポートしていく
「主体性」を導き、言われてからするんじゃなくて

私のレッスン中の口癖
「自分で考えて、動くんだよ~」
そこには常に「考える力」が養われていきます。

そしてそこには必ず「ほめる❣」
「自己効力感」やった~~頑張ればできるんだよ
頑張ったらできたでしょう?
IMG_6593.jpg IMG_6597.jpg
IMG_6601.jpg


私が6月に出版しました本の中では
第5章「心と体は両車輪」の中の心の健康の章で取り上げました。

どこまでも膨らむ
どこまでものりしろのある若者

「常にチャレンジ、来年の76歳で何があるかわからないでしょ?ワクワクします」と。
昨日、私の好きな土曜の朝の番組「サワコの朝」の中で
女優山本陽子さんが話していました。

若者だけではなく
死ぬまでその気持ちでいることは大切なんですね。

987.85歳生徒さんからのお手紙

今日の健康・体力づくり運動教室では
前回よりずっとお元気でした。

少しでも私の言葉でお元気になってくださったようです。
この上ない喜び。

img20190909_13260646_convert_20190909134836.jpg

976.お誕生日に寄せて想う感謝の気持ち

7月11日、生まれた日に寄せて。
毎朝の習慣で、私は両親と先祖に手を合わせます。
プチメディテイション(瞑想)の時間です。
「昨日もやりたいことができた身体に感謝します。
今日も事故なくやりたいことができる身体でありますように」
その毎日の繰り返しのその時、
一日一日の時の流れの速さに怖いくらい驚きます。

一年前のこの日から一年。これまで過ぎてきた一年より
肉体的に大きな異変のあった年でした。
原因のわからないいくつもの症状が出る。
たくさんの病院を回っても原因不明。寛解状態。

冷静に、客観的に考えると、自分と静かに対峙すると
「今までとは違う自分を受けいれていかなければいけない。」
その悲しさと様々な感情の葛藤が辛くも無常に迫り、
「年齢を重ねる」ことを随分考えた日々でした。

ジャズダンスという華やかな肉体的パフォーマンスにも
制限がかかってきました。ダンスが大好き!楽しい! 
ダンスを指導する、ダンスの振付・構成を考える情熱は
衰えていません。
でもあたかもイチロー選手が、サッカーの川口が・・・
くのアリートが体力に限界を感じ舞台から去っていく
その心の葛藤と、心のコントロールは、器はあまりにも違いすぎるけど
私なりに同じ感情。

もちろん「いつもお元気でパワフルですね!」
「なんでいつもそんなにお元気なんですか?」
必ずそんな印象を持たれています。もちろん元気です。
まだまだ「予防医学事業」の仕事もバージョンアップ
したいくらいやりたいことはいっぱい、夢もいっぱい。
精力的に行動を起こしています。進行形です。

年齢を重ねていくことは実りある人生になっていくこと。
未知の人生があること。
まだまだたくさんの方に優しさと、笑顔と、元気をお届けしたいから、
勉強を重ね、勇往邁進の意気込みです。
でもやっぱり自分の身体に無茶はせず、でしょうか?

そして子どもたちに、若者に
「自分もあのようにいきいきと年齢を重ねたい!」
そう思っていただけるように
私も今「あの方のように年齢を重ねていきたい!」
と思う方がいるように。

また次のこの日まで命を、時間を人のために、
自分自身のために使っていきたいそう思っています。

寂しがり屋で、泣き虫で、おっちょこちょいで、でもすごく熱い池端裕子。
これからももっと近くにいてともに笑い、ともに泣き、
寄り添い、共感し、
「信頼される人」、「安心される人」を目指して、
人生の一歩一歩を踏みしめ、刻んでいきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

最後にいつも私を支えてくれる、励ましてくれる、あふれる優しさをくれる、
元気をくれる小さな可愛い可愛い生徒さんから、
人生の年輪を深く刻んでおられる大先輩の生徒さんまで
多くの生徒さんたちと、友人、同志、いつも一緒に悩んでくれる、
弱音も聞いてくれる家族に心から心から感謝のお礼の気持ち《ありがとうございます》
もう一度
《ありがとうございます》

964.春に思うこと

亡き父が二人の娘たちに残してくれた座右の銘は
「実るほど頭の垂れる稲穂かな」でした。

教育者の父でしたがその姿勢をずっと貫いていました。
稲の実が熟すほど穂が垂れ下がるように、
いつも謙虚でいなさいと話してくれました。
私はその言葉に
初心を忘れず、感謝を忘れず、誰に対しても物腰の低い人でありたいと
努力をしております。
それが正しいのか迷う時期もありましたが、
これから先年齢が上がるほど
またこの言葉の重みを大切にしたいとの思いです。

もう一つの父の教えの中に
「立つ鳥跡を濁さず」の言葉もよく思い出します。
今この言葉が少しずつ知られなくなり、忘れかけているように感じることがあります。
水鳥は池や湖に飛来し、一定期間を過ごすと次の場所へ羽ばたく習性がありますが、
水鳥が去った後、草花やエサなどが散乱した形跡もなく、
水辺の様子が何とも美しいかったことから例えられ

仕事上の転勤、部署の配置転換、またさまざまな人とのご縁が遠のく時、
恋愛もそう。最後のお別れの時こそきちっとした去り際の美しさが大切だと思います。
それは人間関係がいいお別れは問題ないかもしれませんが、
そうでない時こそ懐の深い、大きな人間でなければできません。

箕面の桜のお写真を田中さんから
1syukusyou  IMG_6036syukusyou
IMG_6016.jpg

春を告げるいかなごのくぎ煮
IMG_3028.jpg

山椒入りおじゃこ
IMG_3026.jpg

手作りの大好物が今年も食卓に届きました。

954.季節のお便り

IMG_2256.jpg

私は今年念頭に

心、清き人
心、強き人
心、深き人
心、広き人

を心ひそかに目標にし、少しでも近づけるよう努力しようと
想いました。

そう、芹洋子さんの『四季の歌』です。

ハッピーのクラスではその季節になると
実年齢より5歳?いえ、10歳若い声で歌うよ~と
みんなで合唱。

今年も年初めにみんなで歌いました。

そして季節ごとに必ず篆刻の作品で
『四季の歌』を。
とってもセンスある作品をはがきにして送ってくださいます。

節分豆まきの手書きの絵葉書とともに
本日ポストの前で思わず笑顔を頂き
人とのつながりの深い幸せを頂きました。

○○さん、○○さん、本当に本当にありがとうございます。
大切な宝物。
プロフィール

happy Hiro

Author:happy Hiro
毎日を元気に、素敵に!そして池端裕子のほっとティータイムでほっこりと心を癒していただければ、ちょっと元気を出していただければ、そして微笑んで・・・そんな時間をお過ごし頂ければ幸いです。

〈プロフィール〉NPO法人日本健康運動指導士会理事・栄養士・中央労働災害防止協会ヘルスケアートレーナー・食育指導士・中央労働災害防止協会心理相談員・中学校教諭2級普通免許・内閣府認証キッズメンタルプロ2級、ユネスコ国際ダンス協議会CIDメンバーシップ、吹田市ジャズダンス協会副会長、摂津市ジャズダンス連盟会員

「池端 裕子のハッピーファミリーグループ」「ハッピーファミリーグループ 池端 裕子」のHPもどうぞご覧ください。(このページ、リンクよりアクセスできます。)
よろしくお願い致します。



お問い合わせは
ikebata@happyhiro.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR